【Photoshop】Excel(CSV)データを参照して字幕作成を効率化する(文字のみ版)

Photoshopの「変数」機能を使うと、Excel(CSV)ファイルとのデータ連携が可能になり、字幕テロップを効率的に作成できます。

Photoshop「変数」機能でできること

作成したいテロップの文言をExcel(csv)に まとめておき、Photoshopの「変数」機能で CSVと連携。あとは自動で 各文言のファイルを個別ファイルに書き出すことができます。

コメントフォロー用のテロップなど、スタイル・装飾が固定された字幕を、大量に作成したい場合にとても便利です。

関連記事 Photoshopの「変数」機能はテキストだけでなく、画像ファイルの差し替えも可能です。画像ファイルを含むデータの差し替え方法についてはこちらの記事をお読みください

【Photoshop】Excel(CSV)データを参照して画像・文字の差し替えを効率化する方法:前編

「変数」機能の使い方

Excel(CSV)に文字をまとめる

まずは、新規Excelファイルを作成し、以下のように テキスト情報をまとめます。

  • 1行目(A:1セル):Photoshopのレイヤー名
  • 2行目以降(A:2セル)~:作成したいテロップの文言を記入

1行目には、この後Photoshopで作成する 文字差替え用のテキストレイヤーのレイヤー名を入力します。※1

好きな名前を選んで構いませんが、エラーを避けるために半角英数で入力してください(ここでは txt_sashikae)。

2行目以下に、作成したいテロップの文言(差し込みたい文字列)を追加していきます。テロップを2段で表示させたい場合は、セル内で改行(Art + Enter)しておきます。

管理人より
※1:仕様上は必ずしも1行目の文字列はレイヤー名と同じにする必要はありません。…が この後の作業が煩雑にならないようレイヤー名と一緒にしておくことをおすすめします
CSVで書き出す

Excelファイルのままでは、Photoshopに読み込めないため、CSV形式に変換して書き出す必要があります。

Excelのメニューより「ファイル > 名前をつけて保存」を選択。

ファイルの種類部分で「CSV UTF-8(コンマ区切り)」を選択して、任意の場所に保存します。

管理人より
書き出せる CSVには「CSV UTF-8(コンマ区切り)」と「CSV UTF-8(コンマ区切り)」があります。特に理由がない限り「CSV UTF-8(コンマ区切り)」を選択するようにしましょう

Photoshop:雛形のデザインを作成する

はじめにPhotoshopで、作成する字幕テロップの雛形となるベースファイル(テンプレート)を作成しましょう。

ベースとなるテキストレイヤーは、以下のルールで作成します。

  • テキストレイヤーとして作成する
  • レイヤー名はCSVで設定したものににする(ここではtxt_sashikae)
  • レイヤースタイルの適用も可能

Photoshop:変数を「定義」する

続いて、Photoshopと、CSVファイルを連携させていきます。

Photoshopのベースファイルを開き、「イメージ > 変数 > 定義」を選択。

「変数」ウィンドウが開いたら 以下のように設定します。

  • レイヤー:文字の雛形レイヤーを選択(ここではtxt_sashikae)
  • テキストの置き換え:チェックを入れる
  • 名前:対応するCSVの1行目を入力(ここではtxt_sashikae)

入力が終わったら「OK」をクリック。

データセットを適用する

定義が終わったら「イメージ > 変数 > データセット」をクリック。

変数ウィンドウが表示されたら「読み込み」をクリック。

「データセットの読み込み」ウィンドウが開いたら、以下の設定を行い・・・・

  • エンコーディング:Unicode(UTF-8)※
  • 最初の列をデータセット名として使用:チェックを入れる
  • 既存のデータセットの置き換え:チェックを入れる
管理人より
エンコーディングは、CSVの文字コードに合わせます。この記事に従って「CSV UTF-8(コンマ区切り)」でCSVを作成した場合は Unicode(UTF-8)を選択します。Windows環境で「CSV(コンマ区切り)」で書き出した場合は「自動」を選択します。

「ファイル」を選択ボタンをクリックして、CSVファイルを読み込みます。

CSVファイルを選択する際は、ファイル形式部分(下図 やじるし部分)で「CSV」を選ばないと、画面上にファイルが表示されないので注意!

CSVが読み込まれたら(図1)、「適用」をクリックします(図2)。

ドキュメントに反映されます。

この状態では、最初のテキストだけが表示されています(これで正常な状態です)。

他の文言も読みまれているの?

他のテキストも読み込まれているか心配な方は「変数」ウィンドウの「データセット」項目で、▲ボタンをクリックしてみましょう(図A)。

クリックするたびに、変数の「値」が 他の文言に切り替わると思います。プレビューにチェックを入れるとドキュメント内の文言も差し変わります(図B)

管理人より
プレビューはあくまで一時的な見え方の確認です。文言をドキュメントに反映させたい場合は「適用」をクリックします。

データを書き出す

続いて データを 書き出します。

「ファイル > 書き出し > データセットからファイル」をクリック。

「データセットからファイルを書き出し」ウィンドウが開いたら、以下のように設定します。

  • フォルダーを選択:※データの保存先を選択
  • データセット:「すべてのデータセット」を選択
  • ファイルの名前:任意に選択

「OK」をクリックすると、自動で書き出しが行われます。

保存先のフォルダに複数のファイルが作成されます。

データを開いて、ちゃんと書き出しが出来ているか確認しましょう。

以上です。

「ファイル名が無効です」エラーが出る場合

書き出し時の保存オプションで「データセット名」を選んだ場合、改行を含むテキストがあるとエラーになってしまいます。改行を含む場合は「データセット名」を入れ込むのを控えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA