「テロップ」作成のステップアップにおすすめな書籍・WEBサイト

読んでおきたい書籍・WEB

私がテロップを作成する際に、参考にしている書籍やWEBサイトの情報をまとめてみました。

「テロップ」の装飾

『ノンデザイナーズデザインブック』

デザインを学んだことがない人(ノンデザイナー)向けに書かれた デザインの本。デザインの基礎的なルール・知識と、「それっぽく」見せる実践テクニックが学べます。

「色彩検定」3級 公式テキスト
created by Rinker
¥3,290 (2021/09/16 20:58:55時点 Amazon調べ-詳細)

人間が色を認識する仕組みや、色の持つイメージ、配色パターンなどが分かりやすくまとめられています。読み物としても面白いので、受験の有無に関わらず手元に置いておくとよいかと。一応 私は1級まで取得しましたが、3級の内容でも 十分に仕事に活かせます。

『3色だけでセンスのいい色』

実戦的な配色アイディア本も1冊持っておくと便利です。こちらの書籍は、単なる配色のパターンだけでなく、各色を用いる割合まで例示してくれているので、初心者におすすめです。

ayato@Web:TV DESIGN<特別編1~5>

ayato@Webさんは AfterEffectsのTIPSで知られる個人サイトですが、「TV DESIGN」カテゴリーの<特別編1~5>で、テロップに関する情報が紹介されています。最近は更新が途絶えているようですが、「人名字取り」の方法など その内容は今でも参考になります。

管理人より
「人名字取り」とは、映画やドラマのエンドクレジットのように、人名を揃えて文字組する方法のことです

「テロップ」の理屈

『分かりやすい表現の技術』

テロップは「読みやすさ(装飾)」と同時に、「分かりやすさ(情報の整理)」も兼ね備えている必要があります。

こちらの書籍は「分かりにくい表現」の実例を挙げつつ、これをどうすれば「分かりやすい表現」に変えることができるのか、具体的な手法が紹介されています。

『Design Rule Index 要点で学ぶ、デザインの法則150』

デザインに関係する法則・理論がまとめられた本。

『要点で学ぶ、色と形の法則150』
created by Rinker
ビー・エヌ・エヌ新社
¥2,200 (2021/09/16 20:58:58時点 Amazon調べ-詳細)

上の『Design Rule Index』シリーズのシリーズ書籍。色と形の法則が学べます。

『デザインを科学する 人はなぜその色や形に惹かれるのか?』

こちらもデザインに関する理論・知識を紹介している書籍ですが、色彩に関するイメージなどで独自に集計した統計が紹介されているのがユニークです。

「テロップ」の基礎知識・歴史

基礎知識

Wikipedia:テロップ

Wikipedia:スーパーインポーズ (映像編集)

Wikipedia:バラエティ番組#テロップ

研究・考察

テレビを変えた文字テロップ― 30 年の変遷に見る地上波番組の質的変化―:森川 俊生

「テレビ美術」の成立と変容 – NHK(PDF)

【昭和のテロップは紙だった】紙のテロップとは?:もふもふ@手書き文字ブログ

バラエティ番組におけるテロップの役割に変化 「情報を補う」から「ツッコミ」に:中野ナガ(ORICON NEWS)

もはや定番化? テレビ番組の「テロップ」が90年代に爆増したワケ:星野正子

そのほか

テロップやワイプって、どうやって作ってるの?「王様のブランチ」技術チームに聞いてきた:トゥギャッチ

【昭和のテロップは紙だった】紙のテロップとは?:もふもふ@手書き文字ブログ

Television’s First Optical Projection System…The Gray Research Telop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA