【Illustrator】「ビデオセーフエリア」ガイド線の表示を消す方法

Illustratorのガイド

Aodobe Illustrator(イラストレーター)で、動画用に新規ファイルを作成する場合のこと。

「新規ドキュメント」で「ビデオとフィルム」を選択し、自分の目的に合ったプリセットサイズを指定すると・・・

こんな感じで、ガイド線付きのアートボードが作成されます。

で、問題は↓このセーフマーカー部分。

ガイド線:例

ビデオセーフエリアの「アクションセーフ」と「タイトルセーフ」をガイド表示している(らしい)線ですが、困ったことに、このセーフエリアの割合(アクション:90%/タイトル:80%)は、日本の動画制作の現場では、現在 ほぼ使われていない古い数値なのです。

しかも、現状、Illustratorでは、このセーフエリアの割合(数値)を修正する手段がなく、そのため、このガイドには ほとんど使いみちがありません。テロップを制作する際などは、勘違いしないように、とりあえず 非表示にしておくことをおすすめします。

「ビデオセーフエリア」を非表示にする方法

ツールから「アートボードツール」を選択。

画面上部の「アートボードオプション」をクリック。

「アートボードオプション」ウィンドウが開いたら、「表示」部分の「ビデオセーフエリアを表示」のチェックを外します。

以上でセーフエリアのガイド表示は消えます。

アートボード脇の数値(定規)

アートボード脇の数値(定規)に関しては、メニューの「表示 > アートボード定規を隠す」でON/OFF可能です。

透過状態を表すチェック柄

透過状態を表すチェック柄(背景部分)は「表示 > 透明グリッドを隠す」でオフにできます

まとめ

というわけで、Illustratorで「ビデオセーフエリア」のガイド表示を消す方法の紹介でした。

管理人より
「ビデオセーフエリア」は、ほかにも「セーフマージン」「セーフティゾーン」「テレフレ」「安全フレーム」などの呼び方もあります。
関連する記事
「アクションセーフ」と「タイトルセーフ」

動画の「セーフティゾーン」はなぜ必要?テロップ配置時の推奨値【2021年版】

ヘッダ画像:アクション配布

動画のセーフティゾーンを自動作成するPhotoshopアクション【無料配布】

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe Creative Cloudの導入/更新を検討している方には ↓こちらの たのまな「アドビソフト + 動画講座受講セット」がおすすめです。

\ 主婦・社会人も登録可!商用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

動画講座に加えて、Adobeの全アプリが利用できる「コンプリートプラン」が付属し、なんと"学割価格"で利用できてしまいます。

【キャンペーン情報】現在「Adobeオンライントレーニング通信講座」が最大49.6%OFF価格で受講できるキャンペーン開催中!2021年6月30日(水)までの期間限定なのでお早めに!

  • 特別価格:39,980円(通常:78,800円 ほか)
  • 期間:2021年4月9日(金)~ 2021年6月30日(水)まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA