【Premiere時短】PSD/AI 読み込み時の確認操作を回避する方法!Watchtowerの使い方

PremiereProでは、レイヤー情報を持つ画像ファイルを読み込む際、「レイヤーファイルの読み込み」ウィンドウが 毎回表示されます。

Premiereレイヤーファイル読み込み

読み込むのが「画像内のレイヤー」なのか「1枚の画像」なのかを選択するダイアログですね。

便利な機能ですが、この「確認」ウィンドウは回避できません。そのため「1枚の画像」として読みこむのが決まっている場合でも、いちいち「OK」ボタンを押す必要があります。

私の場合、毎月 数百枚のテロップ画像をプロジェクトパネルに呼び出しますが、その都度「Enter」キーを連打する必要があるため、読み込み作業が 結構なストレスになっていました。

同じような不満をお持ちの方も多いと思いますが、実は、このモヤモヤは「Watchtower」というエクステンションを使うと一気に解消します!

「Watchtower」とは?

Watchtower」は、Ivanさんという方が配布している Premiere/AfterEffects 用プラグイン(エクステンション)で、これを使うと↓以下のようなことができます。

  1. 画像ファイル読み込み時の「確認」ウィンドウを回避できる
  2. 「ローカルディスク」のフォルダと「Premiere」のフォルダを自動同期してくれる

そうです「Watchtower」を導入すると、あの 素材読み込み時の「確認」操作を回避できるんです!

これだけでも十分便利なのですが、さらに便利なのが「2」のシンクロ機能(というか こっちがメイン)

フォルダの内容を「自動同期」してくれる!

通常、Photoshopで作成したテロップ(画像ファイル)をPremiereProに読み込む場合、以下の5つの工程が必要になります。

  1. Photoshopでテロップを作成
  2. ローカルディスクに保存
  3. 保存ファイルをPremiereProで読み込み
  4. 「確認」ウィンドウでレイヤーの扱いを選択
  5. 素材がプロジェクトに読み込まれる

ところが「Watchtower」を使うと、以下の2工程で済むようになります。

  1. Photoshopでテロップを作成
  2. ローカルディスクに保存(…と同時に PremierePro内にファイルが読み込まれる)

Photoshopでテロップを作成すると、読み込み操作ナシで Premiere側のパネルに素材が反映されるのです。

[左] ローカルディスク/ [右] Premiereプロジェクトパネル

しかも、同期操作が迅速で タイムラグもほとんどありません! まるで Photoshopが Premiereの一機能になったように錯覚するほどです。

海外製のエクステンションではありますが、日本語にも対応しており 使い方も簡単。持っていて損はないおすすめのエクステンションです。

この記事では、「Watchtower」の購入&インストール方法、使い方をまとめてみようと思います。

「Watchtower」を購入する

「Watchtower」は、買い切り型の有料エクステンションとなっています。「25$(約3,000円)」で Ivanさんのサイト「knights of the editing table」から入手できます。

・「Watchtower」購入ページ
https://knightsoftheeditingtable.com/watchtower

「BUY FOR 25」をクリック。

「BUY FOR 25」をクリック

メールアドレスを入力して「次へ進む」をクリック。

メールアドレスを入力

「お住いはどちらですか?」が出たらJAPANを選択して「次へ進む」をクリック。

JAPANを選択

支払い方法を選択し、決済を行います。

支払い方法を選択

以下の画面が出たら、購入は終了です。

購入終了

購入時に登録したメールアドレスに「Watchtower」ダウンロード用リンクと「ライセンスキー」が届きます。

「DOWNLOAD」ボタンをクリック

「DOWNLOAD」ボタンをクリックし、「d3856VVmRuuSSKttZ8hg_Watchtower_1.3.2.zip」を任意の場所に保存します。

「Watchtower」をインストールする

「d3856VVmRuuSSKttZ8hg_Watchtower_1.3.2.zip」を展開すると、OSごとのフォルダができるので、自分の環境に合わせて中を開きます。※以下ではWindows環境での事例を紹介

OSごとのフォルダができる

「Watchtower_1.3.2.exe」をダブルクリック。

Watchtower_1.3.2.exe

システムからの確認画面が出たら「はい」をクリック。以下のウィンドウが表示されたら「Install」をクリック。

「Install」をクリック

自動でインストールが行われます。

「Finish」を押して終了

「Finish」を押して終了です。※念のため、PCを再起動しましょう

「Watchtower」を使う

PremiereProを起動し、上部メニュー「ウィンドウ > エクステンション > Watchtower」を選択します。

Watchtowerを選択

初回はライセンスキーの入力を求められます。購入時に届いたメールに記載されたライセンスキーを入力し「ロック解除」ボタンをクリック。

ライセンスキーの入力

自動で認証が行われ、基本画面が表示されます。3つのアイコン(更新・フォルダ選択・設定)が並ぶだけのシンプルなUIです。

基本画面

他のパネルと同様に結合して表示できます。横表示にすると場所もとらないのでおすすめ。

結合して表示
基本的な使い方

Watchtowerで「フォルダ」アイコンをクリック。

「フォルダ」アイコン

ウィンドウにローカルディスクのフォルダ構成が表示されるので、同期したいフォルダにチェックをいれて「OK」をクリック。

すると、Premiereのプロジェクトパネルに、選択したローカルディスクのフォルダが読み込まれます。

もちろん、フォルダ内のファイルもちゃんと読み込まれます。

「レイヤーファイル読み込み」ウィンドウでの確認操作なしで、あっさりと素材を読み込むことができました。

挙動に関して

基本的に、ローカルディスク側の「フォルダ」内容に、Premiere側を合わせる形になっています。

例えば、PremierePro側で プロジェクトパネルからファイルを削除しても、元フォルダのファイルが消えることはありません(同期アイコンをクリックすれば、プロジェクトパネル上で消したファイルも復活します)

逆に、ローカルディスク側の「フォルダ」で削除した場合は、Premiere側は「オフライン」ファイルの形になります。

同期スピードは非常に迅速で、ローカルディスク側にファイルを保存して5~6秒程度で プロジェクトパネルに反映されます。※ただしファイルによっては数分程度かかるものも

【各種設定】フォルダを選択

「通常」タブ

ローカルディスクのフォルダ構成がそのまま表示されています。同期したいフォルダにチェックを入れます。

「高度」タブ

【各種設定】設定

「一般」タブ

自動同期

「Watchtower」のON/OFFスイッチ。「自動同期をオン」にチェックをいれると、選択したローカルディスクの素材フォルダと、Premiereのプロジェクトパネルが同期します。

インポート中に~

インポート中にプロジェクト全体の重複を確認します。

インポートオプションを表示

ここをオフにすると、レイヤー情報をもった画像ファイルを開く際、「確認」ダイアログがが出なくなります。

通知を表示

同期状況に関する通知を行うかどうかの設定

縦型ボタンレイアウト

「Watchtower」基本画面の3つのアイコンの表示方法です。

匿名の使用状況データを共有する

開発者(Ivanさん)に 使用者のOS、Premiere/AfterEffectsのバージョンなどを送信してもよいかどうかの確認です。

「ファイル」タブ

同期するファイルを選択する画面です。「拡張子」ごとに 読み込むファイルを選択できます。

※デフォルトでは「.aep(AfterEffects)」「.prproj(Premiere)」のみチェックが外れています

「フォルダ」タブ

「ライセンス」タブ

使用者のライセンス情報が記載されています。そのPCでのライセンスを解除するには、Shift+altキーを押しながら「ライセンス解除」ボタンをクリックします。

まとめ:テロップ読み込みのストレスから解放された!

Premiereでテロップのような 大量の画像ファイルを扱う際には、必須のプラグインだと思います。有料ですが、買い切り型なので、追加料金も必要なく、手軽に使えるのでおすすめです。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe Creative Cloudの導入/更新を検討している方には ↓こちらの たのまな「アドビソフト + 動画講座受講セット」がおすすめです。

\ 主婦・社会人も登録可!商用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

動画講座に加えて、Adobeの全アプリが利用できる「コンプリートプラン」が付属し、なんと"学割価格"で利用できてしまいます。

【キャンペーン情報】現在「Adobeオンライントレーニング通信講座」が最大49.6%OFF価格で受講できるキャンペーン開催中!2021年6月30日(水)までの期間限定なのでお早めに!

  • 特別価格:39,980円(通常:78,800円 ほか)
  • 期間:2021年4月9日(金)~ 2021年6月30日(水)まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA